startup with baby

自分の理想とする環境とスタイル(T-SITE活用術)

こんばんは!関西は風が強い日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 
今回は、自分の理想とする環境とスタイルについて、お伝えします。
 
そこで私が探し求めていたものは、どこかの都会や地方といった特別な場所ではなく、意外にも地元にありました。
それは先日久しぶりに地元を訪ね、枚方T-SITEに行ったときのこと。
その時に得られた、素敵なワーク・ライフスタイルの世界観について、お伝えしていきます。
 
枚方Tサイトは、起業と子育てをしていく自分たちにとって、
「こんな風に日常を過ごせたらいいな」と思えるワークスタイル・ライフスタイルのイメージが詰まった空間でした。
 
毎日家の中で仕事を進めているだけでは、新しい刺激や発想を得られず、スピードが遅くなると感じるときもある。
一方で、電車に乗って、街中のコワーキングスペースを何時間か利用するというのも、今であればお腹が張ったり体調に異変が生じても、すぐに横になって休めないので、刺激を得たり集中しやすい環境であっても、効率が良くない。
 
枚方Tサイトは、私の実家から20分以内で行ける場所にあり、まさに日常の生活範囲というポジションです。
それであって、自分の求めている新しい刺激や発想、そして新しい交流や子育ての環境も得られる場所だと感じました。

 

 
地元が枚方で、この春にT-SITEができてラッキーという話もそうですが、
この記事で私がお伝えしたいのは、「起業×出産・育児」が重なる場合に、大変そうなこの時期を、
どちらかを諦めたり、時間の綱引きをしながら葛藤を抱いたりするよりも、
起業も育児も楽しんで、この人生で貴重な時間のしあわせを感じるスタイルがあるのではないかということです。
 
そのモデルとなる人や、スタイルがイメージできていれば、ワクワクして進んでいけそうですよね。
 

 

f:id:c-xiaxiang:20170227221926j:plain

 

だから今回は、それがイメージできたワークスタイルとライフスタイルの調和についてお話しようと思います。
その解のひとつが T-SITEで得られたので、まず実際に訪れて感じたことを以下に書きます。
 
・本がすぐに読める点がいい(T-SITEを含む枚方 蔦屋書店の席では、購入前のほぼ全ての書籍をコーヒーを飲みながら読むことができます)。
 特にITや起業関連は、情報が早いので新しい書籍を読みたい。幅広いジャンルでの体系的な知識も必要なので書籍で読みたいことが多い。人気の本は図書館で予約すると数週間や数か月待つこともあるため
 
枚方T-SITEのターゲットはプレミアムエイジ、親子、働く世代。3世代の交流を充実して過ごすことや、それぞれ(こども、夫、両親)が各自で楽しむことのできる施設のつくり方になっている
 
・子どもの遊び場がフロア一面でしっかりつくられている
 
・"関係性消費"という概念、モノの消費ではなく、体験を売る、充実した時間や関係を価値として提案する、ここに一緒に来た人とはいい関係を創るきっかけが用意されている 空間や景色、お店や商品
 
・おしゃれな内装や、ライフスタイルを提案するワークショップイベント
 
・こどもはもちろん、ママ友、パパ友、プレミアムエイジ同士(これも結構重要)の友達もつくれそう
 
・住みたくなるくらい居心地良く、家でこんなスタイルを実現できなくても、ここに日常的に来れば叶えられる
 

f:id:c-xiaxiang:20161005190926j:plain

 
特に "関係性消費"というコンセプトには、私自身もとても共感できました。
ここに来たら、友人との関係、親子の関係やパートナーとの関係に、ワクワクして潤う時間が体験できるように仕組まれているわけです。
その価値に対してお金を払う。単なる「モノ」の消費ではなく、「時間」をより良く過ごし、対人関係を潤すことまで見込まれる消費。
 
事業として、ひとりで過ごす時間、仲間と過ごす時間、
家族の中でママとして、子どもやパートナーと過ごす時間、両親と過ごす時間
それぞれに目的・メリハリをつけて、普段の時間を少しリッチに送ることができるのです。
 
そして、日常に戻れば、そこで得た刺激や充実した体験が、少しずつ周りの対人関係や仕事に活きてくるイメージができます。
 
「日常」と、そこまで特別なことをしているわけではない「非日常」
その繰り返しで、1日1日を大切に生き、1歩ずつ前進していける実感があります
 
ここでの非日常とは、
例えば景観のいいレストランでの食事や話題のスイーツを誰かと食べる、
気になるテーマの書籍を一気に読みあさって没頭する、
普段聴かない音楽や観ない映画の世界をのぞき見してみる、
子どもと海外のおもちゃや絵本で思い切り遊んで楽しむ、
といった些細なことを意味しています。
 
枚方T-SITEでは、それが一つの建物でできるから、私がそのイメージを得たというだけ。
別の場所に住んでいても、これらは1つひとつ体験しようと思えばできそうですね
 
そして日常とちょっとした非日常の繰り返しが、自分のスタイルを築いていくものだと思います。
そのスタイルを創っていく環境は、何も特別なものがなくても、自分で選べるということ。
 
webを使ってできることも多いですし、家の中に環境を創っていくことだってできる。
まず理想を自分でイメージして、少しずつ近づけていくというプロセスはとっても楽しいんです!
 

f:id:c-xiaxiang:20161005191539j:plain

時間、体験、関係性・・・私にとっての心地よい環境とスタイルを創るためのキーワードがこれらにあると気付きました。

1人目のbabyにとっての出産や乳児期は1度だけ。
「限りある時間をどう使い、貴重で一生のどんな体験をするために、家族・仲間・友人との関係をどう潤すか」
 
そのポイントで考えていくと、起業×出産・育児の経験をより楽しく充実したものにしていけそうです。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。あなたの1日も素敵なものでありますように☆
広告を非表示にする