startup with baby

0歳の赤ちゃん連れ 江ノ島・湘南日帰り旅行

梅雨入り直前、行くなら今のうち!と思い0歳6か月の息子と親子3人で江ノ島・湘南日帰り旅行をしてきました。

 

0歳6か月の息子と親子3人で江ノ島・湘南日帰り旅行

 

  

旅の目的地と実際のスケジュール

旅の目的地

 ・LONCAFE

LONCAFE

日本初のフレンチトースト専門店として有名

 

・江の島展望灯台(シーキャンドル)

江の島展望灯台(シーキャンドル)

展望台からの見晴らしが良いと評判

 

・湘南T-SITE

湘南T-SITE

大好きな本がたくさんあり、ファミリーで過ごしやすそう

 

実際のスケジュール

8:30 自宅出発(東京都内)
10:00 県立湘南海岸公園到着、散歩
10:30 江ノ島駐車場到着、江ノ島散歩
11:00 LONCAFEでランチ
12:00 おむつ交換、授乳
12:30 江の島展望灯台(シーキャンドル)
14:00 湘南T-SITE
16:00 おむつ交換、授乳
16:30 湘南T-SITE出発
18:00 帰宅

 

おむつ交換と授乳

 上記の通り、お出かけ中におむつ交換と授乳を2回しました。

1回目:コッキング苑の入り口にある多目的トイレでおむつ交換。授乳はベンチで授乳ケープを使用して行いました。

2回目:湘南T-SITEの授乳室でおむつ交換、授乳。

アクセス


・都内から車で約70分
・都内から電車で約80分

 

江ノ島・湘南日帰り旅行のおすすめポイント

 

1. 江島神社エスカーではなく階段で登ろう

江ノ島の青銅の鳥居

駐車場に車を停めて、仲見世通りへ。

ここから先は階段かエスカレーターでベビーカーは邪魔になるので置いていきます。
入り口では青銅の鳥居があります。
息子はパパが前向き抱っこをして歩いていきます。

江島神社の鳥居

江島神社と書かれた鳥居があり、ここからサムエル・コッキング苑を目指して登っていきます。

江島神社は階段で登ろう

階段で登るか、エスカー(有料エスカレーター)を使うか迷いました。エスカーは楽だけど景色は見えないので階段を歩いた方が息子も楽しいだろうということで階段で行くことにしました。

階段を前向き抱っこで登っていくと、想像していたよりもキツイ。。。パパは息切れしながら階段を登っている一方で、息子は階段を前傾姿勢で登るのが楽しいのか、キャッキャキャッキャと喜んでいました。

息子の楽しんでいる様子を見ると頑張って階段を登った甲斐があったなと思えます。

サムエル・コッキング苑

いろんな植物を見ながらお散歩して綺麗で息子も刺激たっぷりで楽しそう。
ベンチもたくさんあって、休憩しやすいです。(授乳もベンチで授乳ケープを使ってしました

 

2. LONCAFEには平日の開店直前に行こう

LONCAFEには平日の開店直前に行こう

11時開店で5分程前に到着して整理券をとったので3番目に入れました。

平日にも関わらず開店後はすぐに満席になったので開店直前を狙うのが良さそうです。

頑張って歩いて登ってきたあとのご褒美としてフレンチトーストを楽しみます。

LONCAFEのフレンチトースト

想像以上に美味しかったです。

特に、ブルーベリークリームのトッピングが酸味が効いていてすごくおいしかったです。

早めの行動をすることで待つことなく自分の好きな席を選べるので、赤ちゃんにとっても負担が少なく一緒に楽しい時間を楽しめます。ここであと30分遅れていると待ち時間が生じて後のスケジュールにも影響してしまいます。

 

3. 江の島展望灯台の360度ビューは必見

江の島展望灯台の360度ビューは必見

江ノ島に来たら外せないのが展望灯台(シーキャンドル)です。口コミでは夜景がキレイと書かれているものが多かったので昼間はどうかなと思いましたが、行って良かったです。

エレベーターで展望デッキまで登れるので赤ちゃん連れでも安全、安心です。

そこから屋上展望デッキへは階段で登ります。

江の島展望灯台から見える江ノ島大橋

展望デッキには360度の開放的な空間が広がります。江ノ島大橋、ヨットハーバー、広大な太平洋が見渡せます。 

転居前は神戸の海が近い場所に住んでいましたが、瀬戸内海の内海とはまた違う外海の遠景も楽しめました。その日はあいにく見えませんでしたが、天候が良ければ富士山も見えるそうです。

江の島展望灯台と赤ちゃん

赤ちゃんも前向き抱っこであれば柵の間から景色が見えてゴキゲンでした。

 

4. 湘南T-SITEは親子で楽しめるしかけがいっぱい

湘南T-SITE

建屋がコンセプトごとに3つに分かれていて、大人も子供もそれぞれ楽しめるスペースがあります。

私の好きなアウトドアやインテリア、ビジネスやデザインの本も豊富で好奇心が刺激されまくります。

湘南T-SITEの木のおもちゃ

こども向けのスペースでは、たくさんの種類の絵本をはじめ、木のおもちゃなどもあり、息子も興味津々でした。

湘南T-SITEのテラス席

建屋の間にはテラス席も多くあり、パンとコーヒーを楽しみながら親子でゆったり過ごせます。

 

まとめ

ゆったり過ごすからこそ、家族で一緒に過ごすかけがえのない時間を心から楽しめ幸せを感じることができます。
行きたいところがいっぱいあって旅先では予定をどんどん詰めたいタイプですが、息子が産まれてからはどういう気持ちで時間を過ごして楽しむかにシフトしてきました。

こどもが生まれたからといって行きたい場所に行くのを我慢したり、強引にタイトなスケジュールで動いたりするのではなく、余裕を持ったプランで赤ちゃんと一緒に楽しむことで今まで以上におでかけが楽しくなりますよ。

 

こちらもおすすめです。赤ちゃん連れで初めて東京旅行に行ったときのお役立ち記事です。

mochikichi.hatenablog.com

広告を非表示にする