startup with baby

本当に使えるものだけ!出産準備品・ベビー用品で実際に買ってよかったおすすめ10選

出産準備品・ベビー用品で実際に買ってよかったおすすめ10選

 妊娠してから、マタニティ用のインナーや、赤ちゃんの肌着・服以外は、ほとんどAmazon楽天で必要なものだけ買ってきたミニマリストの私が、出産準備品・ベビー用品(生後6か月まで)で実際に買ってよかったものをリストにまとめました。 

 

 

1.【抱っこひも】 ベビービョルン ベビーキャリアONE+

選んだ理由

・スタイリッシュなデザイン
・首すわり前の新生児から使える(インサートなどの追加部品購入なしでOK)
・メッシュで通気性がよく洗える
・前向き抱っこができる

レビューとおすすめポイント

・パパが使っていても馴染むし、着けていてオシャレ
・新生児のときは布団に寝かせると不安で泣くのでほとんど抱っこしていたが、両手が空くので家事や仕事ができる
・首がすわった後も赤ちゃんが寝たときは首がカックンと垂れずに固定できる

・5ヶ月ごろから好奇心旺盛になり、前向き抱っこをするとすごく喜ぶ グズりにくい

・アンケートに答えると前向き抱っこ用のスタイをもらえた

人と違うことを好む私としては、多くの方がエルゴを選ぶ中で、周りの人があまり持っていないベビービョルンはお気に入りです。かわいいデザインが好みならエルゴの方が多いと思います。
また新生児から抱っこひもを使って縦抱きをしていたからか、2ヶ月半くらいで首がしっかりすわりました。その後は抱っこひもなしでも、かなり抱っこしやすくなりました。

 

2.【チャイルドシート】 GRACOグレコ G-FIX

選んだ理由

まずチャイルドシートの選び方は、大きく分けて2つのポイントがある
①取り付け方法が、シートベルト固定式か、ISOFIX固定式か

・乗せ換える必要がないので、より安全性確保のためにISO-FIX対応が良いと考えた

(シートベルト固定式チャイルドシートでは、正しく取り付けされておらず事故時にチャイルドシートが機能しないケースが多く危険だと店舗スタッフが話していた)

②乗せる時の回転機能がついているかどうか
・回転式だとシート自体がひとまわり大きくなり、価格も上がるので必要ないと判断した

レビューとおすすめポイント

・ISO-FIXの相場は4万~7万円だが、本商品は3万円前半とリーズナブル

・存在感/重量はあるけれど、抜群の安定感

・新生児の頃はかなり気に入って、丸みと振動が心地良いのか気持ちよさそうによく寝ていた

・デザインがスポーティでスタイリッシュ

・3ドアのMINIクーパーで使用しているが、体重7kg以上の今でも乗せるのに回転機能なしで問題ない

 

3.【授乳クッション】 BOBO ママ&ベビークッション

選んだ理由

・クッションで代用できると思っていたが、高さ出すのに数個使うのがちょっと大変
・子供っぽくなくデザイン性が良いものが見つかった(裏面がボーダー柄)

レビューとおすすめポイント

・授乳時にいろいろな抱き方をしても、ちょうど良い高さをキープ

・特にフットボール抱きで授乳をすることで母乳トラブルを回避した私にとって必需品
・赤ちゃんのおすわりサポートや背もたれクッションとしても使える 

・リビングに置いてもインテリアに馴染む 
・カバーと中身が洗うことができて清潔を保てる

 

4.【ベビーバス、ベビーチェア】Richellリッチェル ふかふかシリーズ 

選んだ理由

・和室やリビングでごはんを食べる時に隣で座らせておくため

・空気で膨らますタイプなので使わない時に収納しやすい

・赤ちゃんを守るクッション性がある

レビューとおすすめポイント

・海外旅行などおでかけ時にも携帯しやすい(エアーポンプ内蔵なのでベビーバスよりも更に◎)

・真ん中のポッチンを舐めたり叩いたりして遊ぶのがお気に入りです

・ふかふかクッションなので赤ちゃんも寝てしまうほどの安心感

 

5.【おもちゃ】オーボール シリーズ

選んだ理由

・ものを掴み始める3~4ヶ月からでも掴みやすい
・欧米メーカー安全基準を満たしたCEマークつき

・6ヶ月の頃、歯固めを兼ねておでかけで使える布えほんを探していたが、明らかに赤ちゃんの反応が良かった

レビューとおすすめポイント

・転がしたり、走らせたり、振ったり、たたきつけたり、色んな遊び方ができる
・クリップで穴に引っかけやすいので、お出かけ時もなくす心配なし

・音が鳴らないので、電車やカフェのお出かけ時にも気兼ねなく遊べるし、お気に入り

 

6.【おくるみ / 授乳ケープ】Aden+Anaisエイデンアンドアネイ ディズニーおくるみ

選んだ理由

・おでかけが多くなり授乳ケープを探している中で、他にもおくるみ等の色んな使い方ができるものが良かった

レビューとおすすめポイント

・ケープでもおくるみでも、ブランケットや日除けでも、広げて使うことが多いので、やっぱりデザインが目立つ分、自分のお気に入りだと気分が楽しくなる

・抱っこひもにも巻いて、防寒や日焼け対策にもしやすい

 

7.【おむつ防臭袋】驚異の防臭袋 BOS(ボス)

選んだ理由

・外出先でおむつを捨てられず持ち歩く際に、普通のビニル袋では臭いが気になるため

レビューとおすすめポイント

・児童館や区役所などでは使用済みおむつを持って帰るように言われることが多いが、カバンに入れてもホントに臭いが全く気にならない

 

 8.【ベビー布団】白井産業のベビー敷布団、 エムールの洗えるベビー掛布団 ハナ 

選んだ理由

・敷き布団は、遊び運動用のマットとしても使える 寝返りの練習などに

・新生児は1日のほとんどを寝て過ごすので、素材などに安心できる日本製

レビューとおすすめポイント

・実家や旅行、引っ越し、部屋のレイアウト変更でも移動がしやすい
・赤ちゃんから幼児期まで使える

・掛布団は軽くて、保温性もあり、冬も使えた
・たまに大人も寝てる

 

9.【離乳食用ブレンダー】siroca ハンドブレンダー

選んだ理由

・おかゆのすりつぶしに時間と労力がかかり、離乳食作りが楽しくなくなりそうだったから

・初期の離乳食づくりのためには、シンプルなすりつぶす機能のみでOK

レビューとおすすめポイント

・自分で潰すより、かなり滑らかで食べやすそう

・手作業だと30分以上かかっていたおかゆのすりつぶしが、ほんの数秒でできる衝撃のスピードと手軽さ

・使用後の洗浄も水につけてブレンダーを起動するのみでOKなので簡単

 

10.【配送サービス】Amazonプライム 

Amazonプライムはこちら

選んだ理由

・急に商品が必要になった時に超絶便利な当日お急ぎ便お急ぎ便の配送料が無料。当日お急ぎ便は514円、お急ぎ便は360円かかり、お急ぎ便を年間11回以上使うためその点だけでも年間3,900円のAmazonプライム会員の方がお得。

レビューとおすすめポイント

・信頼性の高いレビュー

商品を購入する際に私はレビューと、実際に買って使った人のブログを拝見します。
でもgoogleで検索して上位に表示されるのは、実際の購入者の記事は少なく、おもに商品情報を紹介している広告宣伝のようなまとめ記事やメディアが多いです。
そのために結局、「Amazonで購入」表示のあるレビューが信頼性が高いと考えて、買う前に参考にするのが私にとってはシンプルな方法です。

 

・ベビー用おむつやおしりふきシートが15%OFF

定期おトク便利用で対象商品が15%OFFで購入できる。定期おトク便の解除にはペナルティーがないので気軽にお得に利用できる。

 

・プライムビデオ見放題

つわりの時期は動画を見てなるべく楽しむようにして過ごしました。そんな時もAmazonプライムだと無料でおもしろいコンテンツが見放題です。

 

ムダなく失敗しない買い物の方法とは?

さいごに私のショッピングスタイルを紹介します。


大切な赤ちゃんの買い物にはなるべく失敗したくない。

断捨離中でモノを増やしたくないので、育児にも本当に良いものだけ、必要なものだけ購入したい。

なので、使うかもしれないでは買わない。

必要になったらAmazonプライムで翌日配送で対応できるからです。

あかちゃんが産まれて初めて使うようなベビー用品は、どうやって選んだら良いかもわからないので、ネットでまず選び方をリサーチします。特にチャイルドシートや抱っこ紐などの赤ちゃんを乗せてみて使い心地を知りたいような高額商品は、ベビー用品を取り扱う店舗で実際に見て試して、ECサイトで購入しました。Amazonプライムであれば配送無料なので、重い商品も家まで届けてくれるので便利です。

 

 

また、ベビー用品を買う時は以下のポイントも心がけて、子育てをより楽しむようにしています。

・いかにもベビー用品という可愛らしいものも良いが、自分が好きなデザインをチョイス
・主人に育児参加してもらいたいなら、主人も使いたくなるベビーグッズをチョイス

 

必要な時に、必要最低限のものだけ買う。

ものを極力持たず、旅行や経験などにお金と時間を使うミニマリストでいることが理想です。

 

こちらの記事もオススメです ↓

生後4か月の頃に神戸から東京へ、はじめての赤ちゃん連れ旅行に行ったときの持ち物や手配について、

パートナーが記事にまとめています。

mochikichi.hatenablog.com

広告を非表示にする